赤ちゃんの肌がカサカサになる原因は?乾燥肌には早めの対策を

赤ちゃんの肌がカサカサになる時は、どんなときでしょうか?

 

赤ちゃんの肌は普通は、モチモチ・プルプルなはずですが、
乾燥肌になってしまうのは、なぜなのかご紹介します。

 

<赤ちゃんの肌がカサカサなる原因>

 

赤ちゃんの肌細胞は
表面積が小さいため、キメ細かく見えます。

 

ですが、汗を分泌する汗腺が
大人よりも密集しているため、
大人の2〜3倍も汗をかきます。

 

汗をかくことによって、
汗の蒸発時に体温が奪われ、
その時に肌表面の潤いも
一緒に失われてしまいます。

 

また、赤ちゃんは
皮脂の分泌量も不安定です。

 

生後3か月くらいまでは
ホルモンの影響によって、
皮脂分泌が多いんですね。

 

汗をかきやすいこともあり、
この時期は肌がベタついたり、
新生児ニキビ等の乳児湿疹が
できやすくなります。

 

生後3か月を過ぎると、
今度は皮脂の分泌量が
急激に減少します。

 

皮脂膜が作られないので
肌の水分が失われやすくなり、
ちょっとした刺激にも敏感な
乾燥しやすい時期といえます。

 

汗や皮脂でベタつく肌では、
ほこり・ダニといった外的刺激を
非常に受けやすくなるんですね。

 

また、大人の肌表面は
弱酸性の状態に保たれており、
雑菌の繁殖を抑制しています。

 

しかし、
赤ちゃんの肌は中性に近く、
細菌が繁殖しやすいんですね。

 

さらに、赤ちゃんは
肌のターンオーバーが
大人よりも盛んです。

 

その分、汗や皮脂を含んだ垢も
肌表面に溜まりやすくなります。

 

ですから、
湿疹などの肌トラブルを
引き起こしやすいのです。

 

 

乳児の肌は汚れや刺激に弱く、
乾燥しやすいデリケート肌。

 

赤ちゃんの肌を清潔に保つためには、
大人よりも細やかなケアが必要です。